ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、酸を使用して古くなった皮膚の角質を
除去し、きれいなお肌の再生を促すことです。


通常、お肌のサイクルは28日周期で、年齢によってその周期は
遅くなっていきます。
そのお肌のサイクルを酸という、通常は皮膚に障害を与える液体
を使って、早くすすめていくわけです。


ケミカルピーリングは、新陳代謝を活性化させ、お肌のサイクル
を正常に戻します。

「シミ、くすみ、にきび、にきび痕、お肌の老化」などに
効果があります。


また、毛穴に皮脂が詰まったり、角栓が出来たりするのを防ぐので、
特に活動的なニキビの治療法として大変効果があります。
posted by kako at 20:15 | TrackBack(0) | ケミカルピーリングとは

にきびの原因

にきびの原因は、一つではなく、いくつか要因があります。

●毛穴の汚れと皮脂の過剰分泌

主に多い原因です。
毛穴にたまった皮脂と角質を栄養としてアクネ菌が増殖し、
不飽和脂肪酸というものを排出します。
その排出に問題が生じれば皮膚に炎症を起こし、これが
ニキビになるのです。

●ホルモンバランス

男性ホルモンと黄体ホルモンは皮脂の分泌を盛んにします。
そのため女性は生理前に皮脂の分泌が盛んになるため、月経疹と
いってニキビの症状が悪化するのです。

お肌の最表面にある角層は、新陳代謝によって常に新しく
生まれ変わっています。
しかし、紫外線やホルモンバランスの影響でこの新陳代謝が
乱されると毛穴付近の角層に異常が起こってしまい、古くなった角層を
上手に処理できなくなることがあります。
それで、毛穴がつまり、詰まった毛穴に皮脂がどんどん
たまってニキビができてしまうのです。

●紫外線

過剰な紫外線は皮膚を変性させ、皮脂の分泌を妨げます。
また紫外線は直接炎症を発症させたり、活性酸素の発生にも
関与することで、ニキビの悪化を助長してしまうことになります。


その他にも、食事や便秘など様々な原因が考えられます。

posted by kako at 00:00 | TrackBack(0) | にきびの原因

しみの原因

しみは、メラニンという黒い色素が増えて肌が黒くなることです。

しみ・そばかすの原因となるメラニンですが、本来は肌の色を
決める物質であり、また、紫外線から肌を守るためにつくられて
いて、ある意味、必要なものです。

メラニンを含む角質は、時間の経過と共に新陳代謝によって、
垢とともにはがれてゆき、日焼けした肌も色あせ、いつもの
肌の色に戻ります。

ところが、何らかの異常で肌の一部にメラニンが過剰につくられ
てしまうことがあります。

また、メラニンをつくるスピードに肌の新陳代謝が間に合わないと、
メラニンは表皮内に溜まって沈着します。
これが、しみ、そばかすと言われるものなのです。

原因としては、紫外線・女性ホルモン・ストレス・食事・
年齢も関係してきます。


対策としては、長時間日光を浴びないようにするとか、日差しが
強いときは、帽子やサングラスなどをして、なるべく日焼けを
防ぎましょう。

posted by kako at 00:00 | TrackBack(0) | しみの原因

しわの原因

しわの主な原因は、「皮膚の老化」といわれていわれています。
年齢を重ねるうちに、 真皮層のコラーゲンやエラスチンと
呼ばれる弾力線維の量が減少または変性し、肌の弾力が
失われるということです。
また、もっとも大きな外的要因は紫外線による「光老化」です。


「光老化」とは、紫外線に長い期間当たることによって起こる
シミや肌のダメージなどの皮膚の障害のことです。


光老化は、10歳代からすでにはじまって、10年から40年にも
わたってゆっくりと進行していくものです。
若いうちから、意識を持っておくことも大切だと思います。


しみ・しわの主な原因はどちらも紫外線。
紫外線対策は欠かせないといっていいでしょう。

posted by kako at 00:00 | TrackBack(0) | しわの原因

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングは、酸で強制的に皮膚を剥がして代謝を
促し、にきびやしみ、しわなどの改善に効果があります。

ケミカルピーリングの効果は、人によって様々です。

疾患、疾患の重症度、使用薬剤、薬剤濃度などにより異なり、
また同じ人でも治療時の皮膚の状態や行う季節によって異なる
ので効果の発現時期も様々です。

私自身も、ケミカルピーリングをしたことがあります。
最初は肌がぴりぴりして、痛い感じがします。
終わったあとは、顔が赤くなっていたり。。

ですが、効果は抜群で、肌質もよくなり、毛穴も引き締まって
美白効果もありました。


酸を塗るわけですから、皮膚への刺激は相当なものです。
私は皮膚が強い方なので大丈夫でしたが、不安な方は、
よく医師や施術先で、相談してからにした方がいいと思います。

ケミカルピーリングの方法

ケミカルピーリングにはいくつかの方法があります。

欧米で行われている「強い酸を使用し、軽いやけどの状態にし、
強制的に皮膚を剥離することによって、新しい皮膚をつっぱらせ
しわを伸ばす方法」から、日本人にあった「マイルドな酸(フルーツ酸)」を使用した方法まであります。

色素の多い日本人の場合には、低濃度のフルーツ酸を数回に
分けて塗布するケミカルピーリングの方法が適しています。

また施術時間によってその効果は違ってきます。

ケミカルピーリングに使用される酸は、代表的なものに、グリコ
ール酸、乳酸、リンゴ酸、クエン酸などがあります。
総称してAHAあるいはフルーツ酸と呼ばれています。

さとうきび、ヨーグルト、りんごなどにも含まれていて、すべて
自然界に存在する酸ですが、濃度が強いので、濃度を低く
したり、補正をしたりします。

ケミカルピーリングはエステや専門医に施術してもらうことも
できますが、現在は、自宅で気軽にできるものもあります。

ピーリングの洗顔石鹸や、ローラーなど様々です。

施術は高額なので、まずは身近な洗顔石鹸などでお試しして
みるのもいいでしょう。。
お肌に合うかどうかチェックしてから使うようにしてくださいね。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。